足やせとジョギング

足やせして美脚に

スポンサードリンク

足やせしたいって言う人が、春先から夏場にかけて急増するようですね。

 

自分の職場は、10代から、60歳代のかたまで、年齢層は幅広く、女性だけで100人近くいるのですが、暖かくなった春先から夏場にかけて多くの女性が、全身映る鏡の前でスカートから伸びる足をじっと見つめて足が細くなりたいなぁなんて独り言を言っています。やっぱり、女性としては、細いジーパンをはいたり、スカートから伸びる足がースラーっとしているほうが綺麗ですもんね。下半身でぶっていうことにコンプレックスを持っている人って覆いと思います。全体的に見てそんなに太っていないって言う女の子でも太ももや、ふくらはぎ、足首がちょっと太い下半身デブっていうのがコンプレックスになるようですね。

 

 

 

足やせとジョギング

同僚の女の子は、足やせダイエット法を一生懸命考えて、通勤にジョギングをすることにしたようです。しかし、「走ると、足が筋肉太りしないかなぁ」なんていう心配もあるようです。不安解消までに、ネットで調べてあげました。

 

ジョギングをして筋肉太りするのかって不安になっている方が折られたらと思って、こうしてページを作りました。

 

基本は、ダイエットなので、脚やせをしたかったら、食生活に気をつけることが大切のようです。まぁいうまでもないですよね。いくら運動をしても、摂取カロリーが消費カロリーを上回っていたら痩せるわけがないですよね。ということで、一日の摂取カロリーはできるだけ抑えましょう。

 

ジョギングでの足痩せの方法の注意点としては、まず、下半身が太い人がジョギングをしようとしても効果が出るまでなかなか続けることが難しいということらしいです。短期間でダイエットしてもなかなか効果が出ませんので、気長に行うことが大切です。また、はじめのうちは、あまり長い時間ジョギングせずに、少しずつ少しずつ期間をかけてジョギングする時間を延ばしていくのが脚痩せダイエットのコツのようです。そうしなければ、多くの人が足が細くなる前に挫折してしまうようですね。

 

走り方は、過度な負荷にならないようにゆっくりゆっくりランニングで土をけるのではなく、ゆっくり前に出る感じでジョギングするのがよいようです。あまり力を入れて走ってしまうと、瞬発的な力を出す筋肉が育って、太くなってしまうこともあるようです。持久力をつけ有酸素運動をするということを意識して、ジョギングをするとよいようです。

 

ジョギングすることで、筋肉が付いてきて、代謝が上がるとともに、有酸素運動をすることで、下半身の脂肪が燃焼されますので、スタイルのよい足になるようですよ。

 

「本当に、走っても足が筋肉が付いて太くならない?」って心配していたので、市民マラソンや、長距離マラソンの選手や持久力の必要なスポーツの足を見てみたらわかるよっていったら安心していました。みんなキレイな細い足をしていますよね。

 

何事も続けることが大切です。無理なく続ける自分なりの方法が見つかるといいですね。

 

 

スポンサードリンク